サボってはダメダメ

初めて仕かける時という場合では、始めに事前準備をサボってはいけません。

 

売買を始める前ならば起こる事を理性的に見つめる事が出来ます。

 

だが、一回市場の内側へ立ち入ってしまうと、どう試みても考え方が客観性を欠くものになりがちで時には適切な見方が出来なくなる。

 

恐れが生じる。

 

だから己の精神が冷静な段階で正しく準備を進めておくことが不可欠です。

 

"準備"のためには、はじめはあなたのシナリオを描くことから開始します。

 

今後の市場はこうなってああなるから米ドルを売る(あるいは買う)というふうに、自らの脚本を書いていきます。

 

次に重要なのは相場をチェックする事です。

 

これまでの相場の上下動をチェックして、値動きを見ます。

 

そうすると、「今現在は結構安い段階になっているな」とか、それとも「もう多数の方々が買い(あるいは売り)に動いているから今さら大急ぎで買い(または売り)してもすでになすすべがない」などと判断できます。

 

当たり前ですが今はもう売買するのがやりようがないと考えたら、エントリーしないで、この場面ではきっぱりと諦めることが肝心です。

 

どうやっても自分なりの脚本を妥協しないで、強引に新しく注文すると相場にやられてしまいそればかりか損失を被ることになる危険があります。

 

とは言ってもかなりの場合、事前に準備している自らの台本を思い描いておくとエントリーがなすすべがないという具合にはならないだろう。

 

おそらく、本格的に外国為替相場が上げ下げする前のはずです。

 

その次にまずは注文しようと決めている外貨の推移を把握する事が重要です。

 

例として円安になると予想する脚本を作ったのであれば、該当する外貨の変化に注目する事が大切です。

 

市場の変動を気をつけ始めたばかりでは、まだまだ該当の外貨は誰の眼にも明らかに動く素振りを見せることなく、細かい上下動を繰り返しているだけでしょう。

http://www.kyotoharegi.co.jp/

だけど、その上下動をじっくりと注目しているとあるところでじわじわと円安の方向へと外国為替市場が変化し始めます。

 

ここでやっとドルの新規注文を出すのだ。

 

基本的に、そこまで注意深く準備を考えておけば、その注文で勝つ可能性はかなり高まります。